About the mebeme

IMG_6410_edit.jpg

Hello Sisters!

I'm Mai.

みなさんこんにちは。そしてはじめまして。

永松麻衣です。

 

わたしを見つけてくださってありがとうございます。

 

突然ですが、

今どれくらい自分のことがすきですか?

 

びっくりさせちゃったらごめんなさい。

でもね、思うんです。

 

多分ね、きっとね。

本当は、心のどこかではみんな「もっと自分のことがすきになりたい」って思っているんじゃないかなって。

 

どんな自分も丸ごとぜんぶひっくるめて「わたしのことが好き!」って胸張って言えるわたしになりたいって気持ち。

自分の中に隠し持っているんじゃないかなって。

 

それからね、

自分に自信を持って、わくわくを胸にして、

"自分らしさ"という輝きを放ちたいって。

 

「自分の内側に秘めた何か可能性のようなカケラがあるんじゃないか。」

「わたしにしか出来ない何かが、きっとどこかにあるはず。」

「自分らしく生きることを諦めたくない。」

「自分のなりたい姿になって、自分で自分を幸せにしてあげたい。」

「そして毎日を、人生をもっと笑顔で楽しみたい!」

 

って。

 

そう信じたいと思ったこと、そう願ったこと、

一度はあると思うのです。

 

だからおしゃれしてみたり、メイクしたり、ダイエットしたり、筋トレして、瞑想して、ジャーナリングしてって、、、

みんな頑張ってる。努力してる。

 

みんな何のためにやってるかって、

「自分のなりたいわたしになる」

「自分らしく生きる」

そのためにたくさん学んで自分磨きをしていると思うんです。

 

そして自分の好きな"わたし"になって、自分の価値を信じて、わたしらしく個を輝かせて生きること。

 

その"自分らしさで生きること"を、カタチにしていきたいと願っているんじゃないでしょうか。

 

少なくともわたしはそうでした。

 

自分の心の声を、深く、ふか~く、ていねいに、やさしく、あたたかく見つめ直した先に見つけた、わたしの中の"本当のわたし"の声。

それは、自信を持って「自分のことが心から好き」と言えるわたしになって、心に素直に、自分らしく、「本当のわたしを生きたい」っていう願い。

 

そして、内側に秘めた可能性を開花させて、わたしにしかできないことをカタチにしたい。

自分らしい幸せ、自分らしい生き方を見つけて、もっと自由に心豊かに、笑顔あふれる毎日を送りたいっていう望み。

「わたしはなんで生きてるの?」と、いのちそのものが不思議でたまらなかった幼少期。

〈個性〉や〈自分らしさ〉という言葉に惹かれて追求し始めた10代。

〈社会〉という実態や〈集合意識〉に揉まれ苦しんだ20代前半。

自分探しの旅を再開し、本当のわたしを生きることを再度心に決めた20代後半。

そして、本当のわたしを生きることを体験を通して理解した30歳。

 

やっと見つけた、わたしの中の"本当のわたし"

 

Yes, to me being me.

本当のわたしを生きよう

これがわたしのライフスタイルになりライフワークとなりました。

 

"本当のわたしを生きる"ということは、自分の中に存在する色んな自分と対話し矛盾や葛藤や困難も含めてトライ&エラー&トライを繰り返す。

リアルな自分自身を生きようとする、そのプロセスそのもの。

 

誰だって悩むし、迷うし、怒るし、泣く。

自分らしく生きることを始めるのに、遅すぎるということなんてない。

大切なのは、あなた自身が本当はどうしたいか?ってこと。

 

心に素直に自分らしく"本当のわたし"を生きませんか?

My story

わたしは、「 Yes, to me being me. ~本当のわたしを生きよう~ 」をテーマに、心身の健康と人生の充足を意味するウェルネスを中心としたライフコーチング、デザインやサポートを行っています。

幼少期より知的探究心が強く、哲学・倫理・精神・芸術などの分野に触れながら育ちました。14歳の時、わたしの中の何かが目醒め「"わたし"で生きていく」と心に決めました。

そして「自分にしかできないことで輝きたい」と願い、"本当のわたし"を生きる旅が始まります。

感受性豊かに育った反面、過敏で繊細な側面も持ち合わせ、幼少期から心身のバランスを崩しやすく「生きるのってなんでこんなに苦しくて大変なのだろう」と思い悩んできました。

大学卒業後はダンサーとして活動したのち、インストラクターへ転身。

「自分にしかできないことで生きる」

そう願えば願うほど、わたしの気持ちとは裏腹にその現実は遠ざかり、いつしか自分を責めるようになり、自分を見失い…

そんなわたしは心とからだのバランスを崩してしまいました。

 

パニック障害に鬱。

朝の第一声は「疲れた」。起きることが精一杯の日々、何もしたくない。様々な不調を抱え「このままではわたしが壊れてしまう…」

真っ暗闇の中でもがき、月日だけが過ぎていく。

そんな日々から抜け出したい一心で、本気で自分と向き合うと決意。自分を奮いたたせ、あらゆるジャンルの本を読み、セミナーや勉強会に足を運びました。

ここから自分探しの旅、"本当のわたしを生きる旅"の第二章が幕を開けます。

 

ヨガ、ピラティス、瞑想、ジャーナリング、ヒーリング、呼吸法、人生哲学、引き寄せの法則、心理学、コーチング、量子力学、脳科学、、、

正しいと言われている知識、成果が出るとされる方法論、成功法を試しました。

どれもある程度のところまでは変化しましたが、いつも似たような場所で躓くことに気づきます。

なぜいつも同じところで止まってしまうのか。なぜ欲しいものを手に入れたはずなのに、わたしは満たされないままなのだろうか。

たくさんの模索と葛藤を乗り越えた先に辿り着いたのが、心身の健康と人生の充足を意味する〈ウェルネス〉でした。

 

わたしはどう生きたいのだろう?どう在りたいのだろう?

わたしにとっての幸せとは、一体何だろう?

本当はどうしたい?と。

自分にたくさんの問いを投げかけ、本来の自分自身に立ち返り、一つずつ丁寧に自分自身を紐解くプロセスが始まります。

 

これが旅の第3章です。

"わたしで生きる"と決めた14歳。

"わたし"を見失った22歳。

本来の自分に立ち返り、自分を紐解き始めた25歳。

"本当のわたしを生きる"旅も今年で20年を迎えます。

 

この旅はこの先もずっと続くことでしょう。

何度も何度もやめてしまおう、諦めてしまおうと思ったあの時のわたしに伝えてあげたい。

大丈夫。自分を信じて進めば、必ず欲しい世界は手に入るからと。

朝を悦びとともに迎え入れ、わくわくを胸に笑顔あふれる日常を過ごし、穏やかさと安心に包まれながら眠りにつく毎日が過ごせる日が来るからと。

わたしはわたしを諦めなかった。

そのわたしを心から誇りに思います。

私たちはいま、人生という名の旅の途中にいます。貴方はいまどこに居て、どこに向かうのでしょうか?どんなルートで、どんな手段で目的地に向かいますか?

留まることも、進むこともできます。

目的地に向かうことだけがゴールではありません。貴方らしい生き方を見つけ歩み続ける、そのプロセスそのものがすでにゴールなのではないでしょうか。

 

始めるのに遅すぎるということはありません。

いま何か"違和感"を感じるのであれば、今の現状に心から満足できないのであれは、自分自身を見直すチャンスです。

自分の人生を生きることは、自分自身にしかできない

 

Yes,to me being me

本当のわたしを生きよう

IMG_6096.jpg
IMG_5575.jpg

More about me

 

 

熊本生まれ熊本育ち、乙女座。月星座は射手座。HSS型HSP。大学入学と同時に上京し、現在は東京在住。何よりも"自由"を好む。予定は未定が好き。枠からはみ出るタイプ。

わたしの強さも、弱さも、好きな自分も、そうじゃない自分も全部まるごとハグできるようになったら、毎日が楽しく心豊かに生きれるように。

 

Be happy. Stay healthy. WHOLE LOVE & JOY & RISPECTがライフテーマ。

自由 × Health × 哲学 × Art × 自然 × Herb × らしさ × 破壊と再生と共存 + 毒と蜜と創像力=わたし

 

 

わたしの根源にあるものって「なんでわたしが永松麻衣として今現在この世に存在してるんだろう?」っていう疑問。

これが子供の時から不思議でたまらないから、常に自分の内側を探求するのが好き。自己探究心、知的探求欲が強い。

好きの定義ってのも自由で、「わたしが好きと思うものが好き」ってことの方が大事。

だから、オーガニックもジャンクもストリートもラグジュアリーも、一見相反するもののように見えるけど、全部好き。そこに共通してるものは"わくわく"とか"ときめき"とか心躍るものかどうかってこと。

あとは、ヘルシーかどうか。このヘルシーってのは心身の健康だけでなく、ヘルシーな考え方、人生の充足含め、"Wellness"としてヘルシーかどうかってことが大事。

そして人間味溢れる人で在りたいから、経験・体験を大切にしている。知らないってことが一番嫌かな。

例えば、AとBと選択肢があったとして、Aだけしか経験したことない場合と、AもBも経験している上に更にCまで知ってるとでは、見る視野も視点も考え方も捉え方も、受け取り方も全部違うと思うから。わたしは後者のような経験ができる生き方をしたい。

"どれか"じゃなくて"どれも"。"どっちか"じゃなくて"どっちも"。です。全部、欲張って生きたい。枯渇からの欲ではなく、より豊かになるための欲です。

味わいがあって、奥行きがあって、あたたかさと柔らかさがあって、だけど愛のある厳しさと爽快感がある人が好き!だし、そう在ろうと日々あれこれ実践中!

きっとそれは言葉の裏にあるその人の経験値が物語るものや、滲み出るものに惹かれるから。

だから興味があることには、基本的になんでもトライするってのがモットー。やってみなきゃわからないじゃん?だからなんでも学ぶのが好き。

わたしがあれこれ手を出す根源はここね。

 

30歳を過ぎてから年を重ねるのがとっても楽しい近頃です。リンダ・ロディンみたいなおばあちゃんになるのがわたしの夢の一つ。いつまでもチャーミングな愛らしさを持っていたい。

 

わたしを構成しているもののベースってこんな感じかな。

わたしが"永松麻衣"として生きることを全うすることが自分の使命だし、仕事だと本気で思ってるから、あとはそれを更に実現させて拡大してくって感じです。

 

最後まで読んでくださったあなたはきっとユニークな魅力を持っているのでしょうね!

ありがとうございます。

いつかお会いできる日を楽しみにしています。

らぶ&ハグ

永松麻衣